歯周病と歯肉炎

歯周病と歯肉炎は、どう違うのかを考えていきましょう。
歯肉炎とは、口の中に汚れがたまった状態で放置しておくことにより歯垢がたまり、歯に蓄積された状態です。
症状は、歯茎から出血をしたり腫れたりします。
その状態で歯医者に行って綺麗にしてもらうと進行を防ぐことができます。
しかし放置しておくと歯の根っこまで菌が到達し、最終的には歯が抜けてしまうといった歯周病になってしまいます。

歯肉炎は10代から増えてきていて、虫歯等で歯医者に行くまで自分では気づかないことが多いです。
歯の隙間をよく見てみると、歯ブラシでは取れない堅い汚れがついていることがあります。
これは歯についた汚れの磨き落としの積み重ねによるもので、こういった物が歯に見当たるようになると危険な可能性があります。
市町村や学校では、定期的に歯のチェックを行っていて、虫歯だけでなく歯の汚れ等も診てもらうことができます。
歯磨きがきちんとできていないような指導があった時には、まだ子供だから大丈夫だといった考えは絶対にやめるようにしましょう。

社会人になると、健康診断はあっても歯の定期的検査はあまりないので、見落としやすいです。
歯を毎日丁寧に磨いていても、歯肉炎になることがあります。
それは、丁寧に磨いているつもりでも、歯ブラシを横にこすりつけた磨き方をしていたり、いつも同じ磨き方だからです。
よって偏った場所に、食べかすが残ってしまうことからおこります。

一本一本の歯を磨いた上で、歯と歯の間をしっかりと磨き、歯肉炎や歯周病を予防しましょう。
特に奥歯の歯茎辺りは、歯と歯の間にみえない隙間ができていることが多く、歯間ブラシを使うと汚れが出てくることがあります。
歯並びが悪いことも、磨き残しが出てきやすいです。
口の中に違和感を感じたり、歯磨きをあまりしていない心当たりがある時は、歯周病になる前にしっかりとケアをしましょう。
そして、歯肉炎の可能性があると感じた時には、早めに歯科医に診てもらうことをお勧めします。