虫歯かな?と思ったら

歯医者さん=怖いというイメージを持っている人が多いですね。

確かに歯医者さんに行く時というのは、
虫歯になったときだけなので、大きい音がする機械で歯を削られたり、麻酔をするときに痛い思いをするので怖いと思ってしまうのも仕方ありません。
虫歯かな?と思っても、我慢できる場合は限界まで我慢してしまうという人も多いと思います。

しかし少しでも歯が痛いと思ったら、その瞬間から虫歯はどんどん進行してしまいます。
長い間我慢して我慢して、痛くてどうしようもなくなって、顔が腫れてしまうまで我慢してしまう人もいますね。
ここまでひどくしてしまうと、麻酔も効きにくくなるので歯を削るときにもとても痛い思いをすることになります。

このため一度でも痛い思いをしてしまうと、次に歯が痛くなってもすぐに歯医者さんに行こうとは思えなくなってしまうのです。

でも実際には早めに歯医者さんに行ったほうが、痛みも少なくて済みますし、症状が軽いほど早く治療も終わります。
虫歯が進行してしまうと、治療にも時間がかかるので何度も歯医者さんに通うことになってしまいます。
もちろん日頃からきちんと歯を磨いて、虫歯にしないことも大切です。
食べたら磨くという習慣をつけておくのもいいと思います。

それでも虫歯になってしまったら、虫歯かな?と思ったら勇気を出して、
出来るだけ早く歯医者さんに行って治療をしてもらいましょう。

最近は虫歯の治療で麻酔をするときに、歯茎に付ける表面麻酔というのもあります。
これを使うことで、歯茎に針を刺しても表面に麻酔が効いているので何もしないよりは痛みも軽減されます。
虫歯が進行してしまうほど、痛みも増すので麻酔の量も増えますし、何度も注射針を刺すことになります。

乳歯は抜けてもやがて永久歯が生えてきますが、永久歯には代わりがありません。
歯を失うと治療費もかかりますし、食べ物も美味しく食べることができなくなります。

こうなる前に、虫歯かな?と思ったらすぐに歯医者さんに行くのが一番ですね。