歯を丈夫にする食べ物

歯の健康を考えるとき、歯磨き以外には何があるかを考えますね。
その一つに、歯を丈夫にする食べ物を積極的に取り入れるという方法もあります。
歯や骨を丈夫にするということで、よく知られているのがカルシウムですね。

歯は一番内側の歯の神経でもある歯髄と、その上に象牙質があり、一番上にあって常に見えている白い部分がエナメル質と呼ばれるものです。
歯を磨くときに使う歯磨き粉には、歯の石灰化を促すリンという成分が含まれているものもあります。
最近は歯を丈夫にするガム等もありますので、そう言う種類のガムを噛むのも効果的です。

食べ物でいえば、どんなものがあるのでしょうか?

カルシウムがいいと言っても、そればかり摂っていると栄養バランスが偏るのでよくありません。
カルシウムと相性がいいと言われているのは、ビタミンDやマグネシウムです。
サンマやいわしなどの青魚は、カルシウムが豊富ですがビタミンDも豊富なので歯や骨を丈夫にするには理想的な食材です。
キノコ類もビタミンDが豊富なので、オススメです。
もちろんその他のビタミンCやビタミンAも欠かせませんので、海藻類や大豆製品もバランス良く取り入れましょう。
大豆にはカルシウムだけでなく、タンパク質も豊富に含まれます。
これら全て歯や骨を強くすると言われている食材なので、毎日の生活の中にも無理なく取り入れることができますね。

納豆、お味噌汁に使う味噌も大豆からできています。
お味噌汁にわかめやきのこを入れれば、一度にたくさんの栄養を摂ることができますね。
味噌汁は健康にもいいので、毎日欠かさず食べましょう。

歯を丈夫にするという意味では、柔らかいものばかりでは顎が発達しません。
かと言って硬いものを食べればいいというわけでもありません。
適度に硬さがあって、弾力性のあるものも積極的に取り入れたいですね。
適度な硬さと弾力をわかりやすく説明するなら、フランスパンやスルメなどです。
硬さもあって適度に弾力もあるのでオススメです。

こちらhttp://xn--2ck2dtaci4ge0120ea3854c7l6c.com/include.htmlの生活習慣病予防や美容にも効果があるローヤルゼリーは、大変おすすめですので一度試してみてください。