日ごろから出来る歯のケア

日ごろから出来る歯のケアは、特に難しいものではありません。
食べたら歯を磨く、基本的にはこれだけで十分です。

ただし歯並びの悪い人は特にそうなのですが、
歯並びのいい人でも、歯と歯の隙間は歯ブラシで磨くのにも限界があるので、歯間ブラシやデンタルフロスを使うと尚いいと思います。

「歯を磨いた」というのと「キチンと歯を磨けている」というのは違うのを知っていますか?

自分では磨いたつもりでも、正しい方法で歯を磨かないと、磨き残しになってしまいます。
歯の磨き方には人それぞれクセがありますし、利き腕が違えば利き腕側は磨きにくいということもあるので、
歯磨きをする場合は正しい磨き方を身につけておくことが大切です。
自分ではきちんと磨いたつもりでも、磨き残しがあればその部分には歯垢がついたままになってしまいます。

歯垢はきちんと磨けていれば落とせるのですが、
磨き残しになってしまうとそこに蓄積されやがて歯石になってしまいます。
歯石になってしまうと歯ブラシでは落とせませんので、歯医者さんに行って歯石をとってもらう必要があります。
歯石はそのままにしておくとどんどん蓄積され、歯と歯茎の隙間から奥に入り込み、やがては歯の根っこや顎の骨まで溶かしてしまうとても厄介なものです。
磨き方がわからない場合は、歯医者さんに行けばブラッシング指導をしてもらえますし、
正しく磨けているかどうかチェクすることもできます。

磨き残しをチェックする歯垢染色液は、
一般に市販されているものもあるので、自分でチェックすることもできます。
もしも磨き残しがある場合は、毎回歯を磨くときに鏡を見ながら歯垢染色液で染まったところを丁寧に磨くようにすれば磨き残しもなくなります。

不安な場合は定期的に歯の検診を受けることもできます。

もしも歯石がついてしまっても、すぐにその場で除去できますし、磨くときにはそこを重点的に磨くように自分でも注意できますね。
日ごろから出来る歯のケアは、特に難しいものではありませんので積極的に取り入れて虫歯予防に努めましょう。

視力低下でお悩みの方は、レーシックを検討してみませんか。
失敗例もほとんどなく、視力はかなり上がりますのでおすすめです。
こちらのレーシック手術を行っている人気クリニックランキングも参考にしてみてください。