入れ歯で困ったらインプラント

歯科インプラントは、失った歯や抜けてしまった歯の代わりにチタン製の金属を埋め込み、歯を再現する方法です。
入れ歯やブリッジのように、合わないとか傷が出来て痛い思いをせずに済みますし、健康な歯を削るというリスクもない画期的な方法として注目されています。
しかしインプラントには種類もあって、歯を再現するだけというわけではありません。
全部の歯を失ってしまったり、歯の本数が極端に少ない場合は食べ物を噛むことができませんので、代わりに入れ歯を使いますね。
この入れ歯にもインプラントを応用できるのです。

ここで入れ歯を思い浮かべてみてください。
歯が1本もない場合は、総入れ歯になりますね。
数本の場合もほとんどは総入れ歯と同じように、自分の顎の大きさに合わせて入れ歯を作ります。
入れ歯にも種類があって、保険でまかなえるものもあれば、材質にこだわった保険適用外の自費の入れ歯もあります。
安く済むのはいいのですが、自分の口に合わせて型をとってもやはり使用感という面では劣る部分があります。

この場合は何度も調整が必要になりますし、噛むたびに入れ歯がずれたり、
痛みを感じるので使う人にとっても相当のストレスになってしまいます。

入れ歯で困ったらインプラントを使うという方法もありますが、
この場合は保険適用外なので当然治療費は高くなります。

しかし噛んだり、ものを食べるという歯があった時には、当たり前のように行っていたことができないよりは、
お金をかけてでもいい入れ歯を作りたいと考える人もいます。
総入れ歯の場合は、全部の歯を1本ずつインプラントで再現することもできますが、
完成するまでには何度も手術が必要ですし、費用もかなりの費用になってしまいます。

その点インプラント入れ歯なら、使用するインプラントの本数も少なく済むので経済的ですし、
磁石でしっかりと固定されるので、ずれたりすることもなく簡単に外れないというメリットはあります。