主なインプラントシステム

現在おこなわれている、主なインプラントシステムは、1回法と2回法になります。
1回法というのはその名の通り1回で済む方法で、2回法は2回手術を行う方法になります。
回数だけで見てしまうと、1回で済んだほうがリスクも少ないと考えてしまいがちですね。
しかし1回で成功させなければいけないので、歯科医の技術も問われます。

また人によってインプラントを埋め込む顎の骨の状態も変わってきます。
十分な深さや骨自体の強度等を考えたとき、1回法ではリスクが高くなる場合もあるので、2回に分けて手術を行う2回法の方が適しているケースもあります。
1回法と2回法のどちらになるかは、その人の状態や歯を失った原因によっても変わります。

また使用するインプラントの種類や材質も、変わってくるので一概にどちらがいいと言えない部分もあります。
歯周病などで顎の骨まで進行していた場合は、骨移植や骨増生が必要になるので1回法では限界があります。
この場合は2回法を選ぶことが多いようですね。

2回法の場合は2回手術を行うため、負担は大きくなるというイメージの方が強いのですが、
一旦骨にインプラントを埋め込み傷口を閉じ、数ヶ月間あいだをあけて骨とインプラントが結合してから再度2回目の手術を行います。
1回法と2回法の大きな違いは、外科手術を1回で済ませるか、2回に分けて行うかの違いということになります。

当然1回法の方が患者さんへの負担も少なく済みますし、費用も2回法に比べれば安く済みます。
ただし顎の骨の状態が良くないと、1回法ではリスクが高すぎます。
2回法の場合は2度の外科手術になるので、患者さんへの負担もかかりますが、
一旦傷口を閉じ骨とインプラントが十分に結合してから2度目の手術を行うので、感染のリスクはかなり低くなります。

以前は感染のリスクを考えると、2回法の方が安全だとされていましたが、現在はインプラントの材質も向上していますし、
歯科医の技術も向上しているのでその人によって適している方を選ぶようになっています。

レーシック、一度は聞いたことありますよね。
悪くなった視力を、回復してくれる夢のような技術です。
年齢で落ちてきた視力に悩んでいる方や、これ以上メガネやコンタクトは嫌という方にこそ、レーシックを試してほしいです。
レーシック手術の成功率はこちらhttp://xn--pckp0b6k2c.la/5.htmlで確認してみてください。