磁石を使ったインプラント

インプラントといっても、実はいくつかの種類があります。
その中のひとつが、磁石を使ったインプラントです。
この場合は入れ歯として使われることが多いですね。

永久歯が抜けてしまった場合は、そのままにしていても二度と生えてこないのでほかの形で補う必要があります。
その方法にもいくつかの種類がありますが、抜けてしまった歯の本数によっては入れ歯を使う方がいい場合もあれば、入れ歯しか方法がない場合もあります。
当然のように入れ歯をするくらいですから、歯は生えていません。
この場合は入れ歯を使う部分の歯茎を切開して、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
骨とインプラントがしっかりとくっつき安定するまでには時間がかかりますが、これは通常のインプラントと同じです。
入れ歯の場合は失った歯の本数分全部にインプラントを埋め込むわけではないので、本数は少なく済みます。
そして入れ歯の方には、インプラントにくっつくように磁石を埋め込んでおきます。

1本単位で行うインプラントは、人工歯にも費用がかかります。
入れ歯の場合も入れ歯の材質にもよりますが、全部の歯を人工歯にするよりは費用は安く済みます。
また、土台となるインプラントが安定すれば、磁石付きの入れ歯を装着するだけなので、治療期間は少し短縮できます。

入れ歯の問題点として、そのまま装着した場合はずれて歯茎に傷が付き痛みを感じることがあります。
インプラントの入れ歯は、しっかりと磁石で固定されるのでズレにくく安定性に優れています。
プカプカと浮いたりずれたりしないので、しっかりと噛めるので食べ物も美味しく感じると言います。

失った歯の本数にもよりますが、1本単位のインプラントよりも、磁石を使ったインプラント入れ歯の方がいい場合もあります。
これは個人差もありますし、その人の歯や顎の骨の状態によっても変わってくるので、歯科医とよく相談して決めてください。
ただしインプラントを使用するので入れ歯といっても、保険で作る入れ歯よりは費用もかかります。
こちらにインプラント治療の歯科医選びの目安が紹介されています。わかりやすく、お勧めのサイトです。

こちらhttp://xn--u9jtg1fm74k9l0c.com/15maka.htmlのマカは、大変健康に良く元気の源になります。
インプラントで見た目をきれいにしたら、マカで内側もキレイにしましょう。