あごの骨とインプラントの関係

あごの骨とインプラントの関係はとても重要です。
なぜなら、インプラントというのは顎の骨に人工歯根となるチタン製の金属を埋め込み、その上に人工歯をかぶせる方法だからです。

噛む力というのは自分が思っている以上に強いものであり、顎の骨にも力がかかります。
つまり顎の骨がしっかりとしていないと、インプラントはできないのです。
骨なのでそう簡単には壊れないだろうと考えてしまいがちですが、虫歯を放置していたり、
歯石を放置したままにしておくと、やがては顎の骨まで悪影響が及びます。
最悪顎の骨も溶けてしまうこともあります。

このためにも日頃から、口の中は清潔な状態を保つ習慣をつけておきたいですね。

インプラントにかかわらず、健康にも影響することでもあります。
インプラントを希望しても、顎の骨の状態によっては手術に適さないと判断されることもあります。
しかしこの場合でも対処法はあります。

骨移植や、頬骨にインプラントをするという方法もありますが、
これを行える歯科医院は限られているので、どこでもできるものではありません。
インプラントでも大掛かりな手術になりますが、骨移植ともなるとさらに大掛かりですし、
それなりの設備の整った歯科医院でなければ行うことはできません。
さらに費用もかかるので、簡単にできるものではありません。

ほかにも人工骨を使う方法等もありますが、これもできる歯科医院は限られてきます。
他の方法で骨を補うこともできますが、費用だけでなく骨が安定するまでには時間もかかります。
骨が安定してから、初めてインプラント手術が可能になるので、長い場合は1年以上かかることもあります。
こうなってしまう前に日頃から虫歯予防と、口腔内のケアを欠かさず行うことが大切なのです。
口の中の殺菌・抗菌にはプロポリスhttp://pro-wrestling.jp/syo.htmlがよく効きます。

もしもひどくしてしまって、顎の骨の状態が良くなくても、
インプラントの可能性はゼロではありませんが、その分費用と時間、治療に根気良く向き合う気力も必要になってくると覚えておきましょう。

こちらの商標登録の用語説明というサイトには商標登録についての様々な解説が記載されています。オススメサイトですので紹介させていただきます。