インプラントを行えない人とは

インプラントは、虫歯などで歯を抜くしか方法がない場合でも、再び自分の歯と同じように使える治療法として注目されています。
その代わり自由診療になるので、治療費はかなり高額になります。
しかし、どんなにお金をかけたとしても、強くインプラント手術を希望しても、インプラントを行えないケースもあります。

インプラントというのは、歯を失ってしまっても顎の骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせる治療法です。
この場合は歯を失っていても、顎の骨がしっかりとした状態であることが何よりも重要です。
虫歯を放置しすぎてしまえば、歯を失うだけでなく顎の骨にも影響が出ます。
歯を失うのは虫歯だけとは限りません。
歯石などが原因となる歯周病も、顎の骨に影響を及ぼします。
歯石は歯ブラシでは落とせませんので、歯科医院で適切な歯石除去をしなければいけません。
そのまま放置しておくと歯周病となり、やがては顎の骨も溶かしてしまいます。
この状態ではインプラントはできません。

歯というのは上下の噛み合わせがあるので、1本でも欠けてしまうと噛み合わせのバランスだけでなく、歯自体も傾いて来ます。
歯が抜けてしまい長い間放置しておくと、かみ合わせのバランスも悪くなるのでインプラントに適さないと判断されることもあります。
インプラントをする場合は、普通の虫歯治療ではなく手術扱いになります。
出血もしますので、血が止まりにくい人や持病がある場合は病気の種類にもよりますが、インプラントに適さないと判断されることもあります。

インプラントは術後のメンテナンスも重要です。
ある程度定期的なメンテナンスができない場合は、インプラントを行えないと判断されることもあります。

以前にも触れましたが、タバコは血管を収縮させるので、歯周病の原因になることもあります。
ヘビースモーカーでタバコをどうしてもやめられない人は、インプラントを行いない場合もあるので注意が必要です。

また18歳以下の場合はまだ成長途中ということもあり、インプラントを行えないと言われることもあります。
歯周病や虫歯予防にはプロポリスが効果的http://www.chaddsfordpa.net/cavity.htmlです。