インプラントで起きるデメリット

インプラントはメリットも多いのですが、実はデメリットもあります。
インプラントをする場合は、自費治療になるので高い治療費がかかります。
メリットだけでなく、デメリットになってしまう部分も十分に理解した上で決めて行きましょう。

インプラントは一般的な虫歯の治療と違い、費用だけでなく治療にはかなり時間がかかります。
1回の治療で何もかも終わるわけでなないので、何度も歯医者さんに通うことになります。
顎の骨に人工歯根を埋め込むので、治療も大掛かりですし、毎回の治療時間もかなりかかります。
チタンは顎の骨と結合しやすいのですが、完全に安定するまでは個人差があるものの半年以上かかることも覚悟しておかなければいけません。
また費用さえ払えれば誰にでも、インプラントができるというものでもありません。

持病がある場合はその病気にもよりますが、希望してもインプラントができない場合もあります。
さらには一旦成功したように思えても、実際には見えない部分で炎症を起こしてしまったり、
高い費用を払ったにもかかわらず、インプラントが合わずに結局失敗してしまうケースもあります。
とても優れた治療法なのですが、インプラント=100%というわけにいかないのも、デメリットになってしまいます。

成功しても手術が無事に済めばそれで終わりというものでもありません。
インプラントの手術をした後は、定期的なメンテナンスが欠かせません。
特に問題がなくても、外見ではわからない変化が起きている可能性もあるので、定期検診は必要になります。
インプラントをしていても、隣の歯が虫歯になったり、磨き残しがあればせっかくインプラントを入れたところも炎症を起こしてしまう可能性があります。

また保険適用外なので、自由診療ということもあって治療費は高額になります。
メリットも確かに多いのですが、デメリットになってしまう部分もあるので十分な理解も必要です。
自分である程度お口の中のケアも必要になるので、ケアをサボればデメリットにつながることもあります。
お口のケアには、抗菌殺菌作用が高いプロポリスもおすすめです。